HOME > 第二地方銀行協会について > 協会長からのご挨拶

協会長からのご挨拶

協会長からのご挨拶

第二地方銀行協会
会長 熊谷 俊行

 このたび、第二地方銀行協会の会長を務めさせていただくことになりました、京葉銀行の熊谷でございます。昨今の金融界を取り巻く厳しい環境のなかで、このような重責をお受けしたことに、身の引き締まる思いであります。

 黒本前会長におかれては、地域活性化の推進やFinTech時代に向けた取り組み、また、政策金融との関係構築や、ゆうちょ銀行の預入限度額規制の緩和への対応など、多岐に亘る課題に取り組んでこられました。この1年間の多大なる功績に心から敬意を表するとともに厚く御礼申し上げます。

 私といたしましても、黒本前会長の活動方針を踏まえ、皆様方をはじめ関係各位のご協力を賜りながら、協会長の責務を果たしてまいる所存でございますので、何卒よろしくお願いいたします。

 金融機関を取り巻く環境は大きく変化しておりますが、地域金融機関の使命である「地域への貢献」は変わりありません。同時に、貢献し続けていくためには「環境の変化への対応」を加速させることも必要と考えます。このような「継続と変革」の両立を図りながら、各会員行が地域のお客さまの期待に応え、共に成長し、選ばれる銀行となるべく、協会運営に取り組んでまいりたいと存じます。

 

 さて、足元の日本経済は、堅調な企業業績や雇用・所得環境の改善を背景に、個人消費や民間投資なども持ち直しを見せるなど、緩やかに回復しております。

 しかしながら、少子高齢化・人口減少による将来的な市場規模の縮小といった構造的な問題に直面しているのも事実であります。

 また、地域金融機関にとっては、資金運用利回りの低下が続いており、依然として厳しい収益環境が続いております。

 こうした環境を踏まえ、私どもが取り組むべき事項について3点申し上げます。

1.地域経済活性化への積極的な貢献

 私どもは、これまでも金融仲介機能の発揮を通じた地域経済の活性化に努めてまいりましたが、これを一層強く推し進めていくことが重要と考えます。

 事業性評価に基づき、それぞれの企業の経営課題に応じた最適なソリューションを提供することにより、地域企業や産業の生産性向上を積極的に後押しし、地域経済の活性化に尽力してまいります。

 具体的には、創業期、成長期、再生期など、企業のライフステージごとの様々な経営課題・相談ニーズに応じて、ファイナンスはもちろんのこと、創業支援、ビジネスマッチング、経営改善、事業承継など、地域の特性に応じた独自性を持ったきめ細かいソリューションの提供を行ってまいります。

2.お客さま本位の業務運営

 お客さまから選ばれる銀行となるためには、お客さまの視点に立った経営を行うことが何より重要であると考えます。

 お客さまのニーズが多様化・高度化するなかで、今まで以上に親密なリレーションを通じて、お客さまが必要とするサービスの提案・提供に努めてまいります。

 加えて、IT技術の活用も、お客さま目線の金融サービスを提供する上で有効であると考えます。ビッグデータやAIといったIT技術の活用により、お客さまの潜在的なニーズを喚起し、ライフプランに沿った金融商品を提案するなど、金融サービスの質的向上を図ってまいります。

3.将来に向けた変革

 私どもを取り巻く環境は刻一刻と変化しておりますが、自らの変革を通じた生産性の向上などにより、将来に亘る健全性の維持・向上に努めてまいります。

 IT技術やデジタル化の進展は、先ほど申し上げた、お客さまの潜在的なニーズの喚起を通じた、金融サービスの質的向上だけでなく、私どもの業務変革に資するものともなり得ます。今後、FinTech企業をはじめとした外部連携を含め、業務の削減・簡素化や店舗運営の効率化を推進してまいります。

 また、女性やシニア層の活躍促進など、多様な人財が意欲をもって働ける職場環境の整備を進め、生産性の向上を実現してまいります。

  

以上、会長就任にあたって、取り組むべき事項について申し上げました。

 当協会といたしましては、より実践的な情報の提供や研修事業など、会員行への支援を通じて、地域のお客さまのお役に立てるよう努めてまいります。

 皆様方のご支援とご協力を心からお願い申し上げまして、会長就任の挨拶とさせていただきます。

以  上

 

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3262-2181
受付:平日9時~17時